> 
<>
コンテンツへスキップ

【送料込】 油絵 はっぴーろーど 絵画 ICHI 通販|() ハンドメイド・手作り・クラフト作品の販売サイト -manningnobel.org

半導体・電子部品についてわかりやすい情報をお届けするサイト

ホーム  >  半導体・電子部品とは

【送料込】 油絵 はっぴーろーど 絵画 ICHI 通販|() ハンドメイド・手作り・クラフト作品の販売サイト -manningnobel.org

最終更新日

【送料込】 油絵 はっぴーろーど 絵画 ICHI 通販|() ハンドメイド・手作り・クラフト作品の販売サイト -manningnobel.org

機器をより長く、より安全に使うためには絶縁の問題は避けては通れません。例えば隣接する回路間において、絶縁がなければ予期せぬ電流が一方の回路に流れ込んでしまって、機器が劣化したり破損したりする可能性があります。
また、床などに漏電してしまい、周囲にいる人が感電してしまう、といった事態は絶対に避けなくてはなりません。
その絶縁を大きく手助けしてくれるのがアイソレータです。医療、自動車、通信など、様々な産業において欠かせない電子部品で、近年ますます市場を拡大してまいりました。
この記事では、アイソレータの絶縁を中心とした役割や、仕組み・種類などを解説いたします。

1.アイソレータとは?どんな役割がある?

アイソレータとは、isolation「隔離」「絶縁」する電子部品のことです。
日本語で言い換えると、信号絶縁器となります。計測機器利用を中心に発展した部品で、機器の直流回路間を絶縁します。
また、近年では、入力信号と電源間、および出力信号と電源間が絶縁されているスタイルも主流になってきました。そのため3ポート(方向)絶縁器と呼ぶこともあります。

絶縁は多くの産業で大切な問題です。
とりわけ大電圧下で使用されることの多い計測機器は、しっかりと絶縁しないと隣接した回路間で予期しない電流が流れ込んでしまい、劣化や破損 、あるいはショートして発火してしまう可能性があります。
また、機器の破損もさることながら、電流が建物や床などに流れ込み、周囲の人間の感電に繋がる、といったリスクも考えられます。そのため、電気を扱うあらゆる産業において、絶縁性を重視することは義務と言えるでしょう。

加えて、絶縁はノイズ除去・低減という観点からも大切となってきます。
電源が唐突に変動したり、隣接する回路内でノイズが発生したり。
そんな時、絶縁がしっかり行われていれば他回路への影響を最小限におさ